2014年10月09日

Raspberry Pi で測距センサ GP2Y0E03 を使う

Raspberry Pi で測距センサ GP2Y0E03 を使って距離を測ってみます。
なお、ここに記載している情報は回路図、ソースコードを含め無保証です。

まずは回路図です。I2Cで使うための配線になっています。
ADコンバータを使っての確認はしていませんが、
H8-3069Fで試したかぎりでは、Vcc、GND、Voutだけ接続してもだめなようです。
VinとGPIOを入れてあげる必要があるようです(未確認)。
以下はI2Cでアクセスしています。

回路図のように配線するためにAWG28の導線をはんだづけしました。
8ピンありますが、一つはFuse用のようなので、接続しなくてかまいません。
配線後、Raspberry Pi からi2cdetect -y 1 で 0x40 が見えるか確認します。
それでデバイスが見えたら、後は、実際に距離を取得してみます。


ソフトウェアリセットを発行した後、1秒おきに距離を取得、計算します。

posted by しーな at 21:19| Comment(0) | Raspberry Pi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。